目のクマは、生活習慣や食習慣の乱れ、睡眠不足によって引き起こされるものです。生活習慣の乱れや食習慣の乱れ、睡眠不足が血行を阻害し、体内に老廃物や毒素が溜まってしまうようになると、目の下にクマができてしまうのです。
この目の下のクマを解消するためには、埋没法や目頭切開法、涙袋の整形などが行える美容整形外科で治療することができます。また美容整形外科では、目の下のクマが発生する原因やマッサージ方法についてアドバイスしてもらえます。

睡眠不足が原因だけじゃない!?

目のクマについて

目の下のクマには3種類ある

血行不良などによる青クマ

目の下のクマには、様々な種類があります。青クマ、茶クマ、黒クマなどが有名で、それぞれ違った原因によって発生します。ここでは青クマについてご紹介させていただきます。
青クマが発生する原因としては、血行不良があげられます。目の下の血行が悪くなることによって、老廃物や毒素が溜まり、それが青いクマとなってしまうのです。
血行を促進することによって解消することが可能で、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などを行う美容外科の施術で治療することができます。

色素沈着などによる茶クマ

目の下に現れる茶色のクマは、摩擦による色素沈着によって発生します。
目の下を手でこすったりすると茶クマの原因となるメラニンが発生し、沈着すると茶色いクマに見えるようになります。茶クマを発生させないためには、発生の原因となるメラニンを抑制することが大切です。目の下を手でこすったりしないように日頃から気をつけましょう。
また、美容外科の施術でも治療することができます。

 肌のたるみ、皮膚のへこみなどによる黒クマ

黒クマは肌のたるみやへこみが原因です。
肌自体が黒くなっているというよりは、肌のたるみやへこみが影となって、黒く見えるようになってしまっているのです。そのため、黒クマを解消するには、たるみやへこみの改善が有効です。
そのためには、肌のハリやツヤを取り戻す必要があります。日頃のケアだけではなかなか良くならないので、埋没法や目頭切開法、涙袋の施術などを行っている美容整形外科に相談してみるとよいのではないでしょうか。

クマの対策・改善方法

青クマのあなたは

青クマの対策としては、血行を促進させることが一番大切です。ビタミンKなどの血行促進作用のある成分を摂取したり、目の周りをマッサージして血行を改善しましょう。
それでも青クマが解消されない場合は、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などを行っている美容整形外科に相談するのが一番です。
美容整形外科では、青クマを解消するための様々な施術を取り扱っています。また生活習慣や食習慣が乱れている可能性もあるので、一度自分の生活を見なおしてみるとよいでしょう。

茶クマのあなたは

茶クマの原因となっているのはメラニンです。メラニンを発生させないためには、摩擦を少しでも抑えることが大切です。
ついごしごしと手でこすってしまいがちな目の下ですが、どんなときにもなるべく強くこすらないように気をつけましょう。またメラニンの排出を促すには、美容整形外科で受けることができるピーリングが効果的です。
茶クマに悩んでいる方は、涙袋整形などを受けることができる美容整形外科で相談してみて、ピーリングを定期的に受けるとよいでしょう。

 黒クマのあなたは

黒クマの原因の1つである、目の下のたるみやへこみは、アンチエイジングの治療によって解消されます。
埋没法、目頭切開法、涙袋整形などを受けることができる、美容整形外科で相談してみるとよいでしょう。
たるみやへこみを解消するには、ピーリングやレーザー治療が効果的ですが、ヒアルロン酸注入などの方法も効果的です。美容整形外科のカウンセリングを受ければ、自分に合った治療法を紹介してもらえます。

目もとのクマ治療

目もとのクマは、睡眠不足によっても引き起こされると考えられていますが、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどによっても発生します。
目もとのクマを解消するには、埋没法、目頭切開法、涙袋整形などを受けることができる、美容整形外科で治療することができます。ヒアルロン酸注入やレーザー治療など、豊富な施術があるので、自分に合った方法を紹介してもらえます。
目もとのクマに悩む方は一度美容外科に相談してみてはいかがでしょうか。
目もとのクマ治療について詳しく見る

目元のタメになるまめ知識

血行は涙袋など目元の問題に大きく関係しています。血行が悪くなると、涙袋周辺のくすみや目の下のクマをはじめ、様々な問題の発生を促進させてしまうのです。そのためクマで悩んでいる方は、血行の流れがよくなるように、マッサージや生活の見なおしを行いましょう。