目元のくすみには、顔全体の印象を暗く、老けたように見せてしまう効果があります。そのため、目元のくすみは確実に解消しておきたい症状だといえるでしょう。
目元のくすみは、摩擦による色素不着、眼精疲労や冷え性、血行不良などによって発症します。一度できたくすみは、なかなか簡単には消えないので普段からくすみ予防を行う必要があります。それでもくすみが発生した場合は、目頭切開法、埋没法、涙袋整形などを受けることができる美容整形外科に相談しましょう。

老け顔に見られる

くすみの原因

老け顔の原因はくすみ

摩擦による色素沈着

老け顔の原因のひとつ、くすみは摩擦による色素沈着で発症します。肌に摩擦が加わることで、メラニンを発生させてしまうのです。そのメラニンが、目元の黒ずんだくすみの原因となってしまいます。
くすみを発生させないためには、目元をこすることは避けて、メラニンが発生しないように気をつけましょう。
それでもくすみが発生してしまう場合は、埋没法、目頭切開法、涙袋整形が受けられる美容整形外科に相談してみることをおすすめします。

眼精疲労や冷えによる血行不良

目元のくすみは、眼精疲労や冷えによる血行不良によって引き起こされると考えられています。眼精疲労とは疲れ目のことで、睡眠不足や食生活、生活習慣の乱れが原因です。眼精疲労によって目元の血行が悪くなり、結果的にくすみが発生してしまうのです。
また、冷えによっても血行不良が起こります。血行不良によって、目元の栄養分が行き渡らなくなり、結果的に目元にくすみが発生してしまうのです。
なるべく規則正しい生活、食習慣をこころがけて、目元を労るようにしましょう。

くすみを取る

血行促進マッサージ

血行が悪いと体内に溜まった毒素が体外に排出されなくなります。その結果、毒素や老廃物がたまりくすみなどの原因となってしまうのです。
くすみの解消や血行促進には、血行促進マッサージが効果的です。適切なマッサージを毎日行うことによって、毒素や老廃物が体外に出され、くすみが解消されます。また、むくみの解消など肌全体の活性化に繋がります。
埋没法や目頭切開法、涙袋整形などを行える美容整形外科でもマッサージのアドバイスがもらえるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。
目もとのマッサージ方法

目もとのクマ治療

目もとのクマは、睡眠不足によっても引き起こされると考えられていますが、生活習慣の乱れ、食生活の乱れなどによっても発生します。
目もとのクマを解消するには、埋没法、目頭切開法、涙袋整形などを受けることができる、美容整形外科で治療することができます。ヒアルロン酸注入やレーザー治療など、豊富な施術があるので、自分に合った方法を紹介してもらえます。
目もとのクマに悩む方は一度美容外科に相談してみてはいかがでしょうか。
目もとのクマ治療について詳しく見る

目元のタメになるまめ知識

目元や涙袋の様々な問題は、血行の悪さが原因として考えられます。そこで血行促進作用のあるビタミンKを摂取してみることをオススメします。サプリメントなどでビタミンKを摂取することによって、涙袋や目元の問題を解消することができます。