目元の問題は埋没法、目頭切開法、涙袋整形などの治療が行える美容整形外科で受けることができますが、目元のマッサージで問題を解消することができます。
目元のマッサージは様々な所で紹介されており、自分に合ったマッサージを行うことで悩みを解決することができるのです。インターネットや雑誌などで様々なマッサージ方法が紹介されているほか、涙袋整形などを行っている美容整形外科でもマッサージについてのアドバイスを受けることができます。

正しくできていますか?

目元のマッサージ方法

目元をパッチリさせるマッサージ

目元のマッサージを行うと、目元のくすみやクマを解消することができるほか、涙袋を形成してぱっちりと大きな目を作ることもできます。しかし、間違った方法でマッサージを続けていると、逆に目元の問題の発生原因になってしまうこともあります。
大切なのは正しい強度、回数、範囲のマッサージを継続して続けることです。自分に合った正しいマッサージ方法で、効率よく目元の問題を解決して、ぱっちりと大きな目を手に入れましょう。
目頭から目尻までをほぐす
まずは、目頭から目尻までをゆっくりとほぐしていきます。この時に力を入れ過ぎると肌を傷つけてしまうので、優しくゆっくりと目頭から目尻までをほぐしていきます。この方法は埋没法、目頭切開法、涙袋整形などを受けることができる美容整形外科でも紹介されています。

目のくぼみの上をほぐす
目頭から目尻までをゆっくりとほぐしたら、次に目の上のくぼみの部分に進みます。ここでも同様に、ゆっくりと力を入れ過ぎないように注意しながら優しくほぐしていきます。指先を使って、撫でるようにこすると効果的です。

目頭と鼻の付け根をほぐす
目は、目の周辺の筋肉や細胞にも影響を受けています。そのため、キレイな目を手に入れるには、目の周辺や涙袋の部分だけでなく、その他の部分もほぐす必要があります。目頭から鼻の付け根の部分をゆっくりほぐしていくことによって、目の周辺全体の血行をよくすることができます。

目頭と鼻の付け根をほぐす
目頭から目尻、目の上のくぼみ、鼻の付け根までをほぐした後は、眉毛を上下に揺らして、目の周辺の筋肉をほぐしましょう。ゆっくりと眉毛を上下に動かすことによって、目の周辺の血行が促進されます。

マッサージの注意点

目元のマッサージを行うときの注意点は、力を入れ過ぎないということです。マッサージは、毎日行うことで効果が発揮されますが、力を入れてマッサージを行うと肌の内部にメラニンが発生して色素沈着が起こってしまいます。色素沈着によって目の周辺のくすみやクマの原因となってしまい、逆効果になります。
マッサージを行うときは、くれぐれも力を入れ過ぎないように注意してください。マッサージでも効果が表れないときは、埋没法や目頭切開法、涙整形などの施術を行っている美容整形外科で相談してみましょう。

目元のタメになるまめ知識

目元の印象を変えるためには、埋没法や目頭切開法、涙袋の施術などを行っている、美容整形外科に相談するのが一番です。無料のカウンセリングで相談だけでも利用することができるので、一度利用してみてはいかがでしょうか。