目の大きさの印象は、目を開いたときにどの程度黒目がみえるかという点で大きく左右されます。一般的に、目を開いたときに7割程度が黒目だった場合、大きい目だと判断されます。
9割近い場合には、いわゆるデカ目とされます。逆に5割を下回るようなら、小さな目に見られ、眠たそうな印象を与えてしまう可能性があります。
眠たそうな目をぱっちりと大きくするには、眼瞼下垂という整形が効果的です。
様々な美容外科で受けることが可能で、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形とともに人気の整形です。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、上瞼が垂れ下がって目が開きにくい状態を指します。目が開きにくくなることで視界が狭まり、物が見づらくなる、目が小さくなるなどの症状に繋がります。
この眼瞼下垂を解消するには、美容外科で受けることができる眼瞼下垂の施術が効果的です。眼瞼下垂の施術は埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などとともに人気の施術で多くの方々に利用されています。
最近目が開きにくくなってきた、まぶたをしっかり開いて目の印象を変えたいという方は、美容外科に相談してみてください。

施術内容と費用の相場例

施術時間 約30分
術後の腫れ 約1週間 ~ 約2週間
料金 ¥300,000 ~ ¥600,000
  • ※1 全国的な相場や施術内容になります。
  • ※クリニックによって施術内容や費用が異なりますので、事前にクリニックのホームページ等で、内容をよく調べてからカウンセリングを受けましょう。
    (※1…2014 年9 月10 日調べ)

オススメのクリニック一覧

こんな悩みにオススメ

眼瞼下垂は、まぶたが垂れ下がることで発生します。普通にしていても眠たそうに見えるほか、視界が狭まる、物が見えにくくなるなどの様々な症状が発生します。
このような、瞼が下に垂れ下がることによって発生する様々な症状にお悩みの方は、眼瞼下垂の施術を受けてみてください。まぶたの垂れ下がりを治療するだけで、顔の印象を大きく変えることができます。

施術のメリット・デメリット

美容外科で埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などとともに人気のある眼瞼下垂の施術は、これまで多くの方々の美容の悩みを解消してきました。眼瞼下垂の最大のメリットは、直接筋肉を収縮させるので、重度の眼瞼下垂であったとしてもしっかり治療が行えるという点です。
しかし、瞼の筋肉の周辺にはミュラー筋という身体全体の筋肉につながっている特殊な筋肉があり、それを避けて施術を行う必要があるため治療のリスクはやや高めといえます。
最近では、切らない眼瞼下垂などの整形もあるので、施術が不安な方は、切らない整形を受けるとよいでしょう。

気になる目元の手術ピックアップ

  • 目頭切開法 目頭にメスで、二重のラインを入れます。半永久的に効果が持続します。

  • 目尻の切開 目尻を小さくカットすることで、切れ長の目を手に入れることができます。

  • 眼瞼下垂 目の印象を老けてみせてしまう眼瞼下垂は、美容外科の施術で解消しましょう。

  • 上瞼の脂肪取り 厚ぼったい上瞼の脂肪を取り除きます。

  • 下瞼の脂肪取り 下瞼の脂肪を取り除いて、すっきりとした目元に。

  • 逆さまつげ修正 逆さまつげを美容整形外科で修正。

  • 涙袋の形成 愛らしい、涙袋を形成します。

  • 目もとのクマ治療 レーザー治療など、豊富な施術を用意。

  • 蒙古ひだ形成 蒙古襞形成でバランスの良い目元を手に入れましょう。

  • まぶたのたるみとり たるみをとって、ぱっちりと大きな目に。

目もとの手術一覧

目元のタメになるまめ知識

涙袋が欲しいという方にオススメなのがアイテープです。アイテープは本来二重のラインを作るために使われるものですが、涙袋を作るときにも使うことができます。最近のアイテープは肌に馴染み、まったく目立たないのでとても自然な涙袋を作ることができます。