目元は乾燥しやすく、まばたきなどの影響で動きの多い部分でもあるので問題が発生しやすい場所です。
様々な目元の問題の中でも、多くの方に発生するのが目元のクマです。
クマは慢性化すると治すのが難しく、自分の力だけで解消するのは困難です。
目もとのクマを完全に解消するためには、美容外科での整形や治療を受ける必要があるのです。目もとのクマ治療は、埋没法や目頭切開法、涙袋の整形などとともにとても人気のある治療です。

目もとのクマ治療

目もとのクマ治療とは

目もとのクマの治療には、大きく分けて2つの種類があります。1つはヒアルロン酸注入などの治療方法で、手軽に受けることができます。
多くの美容外科で受けることが可能で、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などとともに人気があります。もう一つは脂肪吸引などの整形手術で、脂肪を取り除くことによって目の下のクマをなくすことができます。
ヒアルロン酸に比べると治療時間が長くなりますが、確実にクマを解消することができます。

施術内容と費用の相場例

施術時間 約30分
術後の腫れ 約1週間
料金 ¥200,000 ~ ¥400,000
  • ※1 全国的な相場や施術内容になります。
  • ※クリニックによって施術内容や費用が異なりますので、事前にクリニックのホームページ等で、内容をよく調べてからカウンセリングを受けましょう。
    (※1…2014 年9 月10 日調べ)

オススメのクリニック一覧

こんな悩みにオススメ

目の下のクマには、黒クマ、茶クマ、青クマという3つの種類があります。
黒クマは加齢によって目の下にたるみが発生してそれが影となることによって発生します。茶クマは目の下に色素が沈着することによって発生します。目の下を手でこすったりすると、メラニンが発生して、それが皮膚に沈着することによって茶色く見えてしまうのです。青クマは、睡眠不足や疲れからくる血行不良によって発生します。
このような症状が慢性化している方には、目もとのクマ治療をオススメします。

施術のメリット・デメリット

目の下のクマは、たるみや肌の血行不良によって発生します。この多くは、生活習慣や食習慣、加齢によるもので目の下のクマが慢性化すると、老けてみえるだけでなく暗く不健康な印象を人に与えてしまします。
埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などの施術とともに人気のある目の下のクマ治療を受けることで、若々しさ、明るさを取り戻すことができます。これが目もとのクマ治療の最大のメリットです。
しかし、目元のクマ治療は、保険適用外です。費用が少し高くなってしまうかもしれないので注意してください。

気になる目元の手術ピックアップ

  • 目頭切開法 目頭にメスで、二重のラインを入れます。半永久的に効果が持続します。

  • 目尻の切開 目尻を小さくカットすることで、切れ長の目を手に入れることができます。

  • 眼瞼下垂 目の印象を老けてみせてしまう眼瞼下垂は、美容外科の施術で解消しましょう。

  • 上瞼の脂肪取り 厚ぼったい上瞼の脂肪を取り除きます。

  • 下瞼の脂肪取り 下瞼の脂肪を取り除いて、すっきりとした目元に。

  • 逆さまつげ修正 逆さまつげを美容整形外科で修正。

  • 涙袋の形成 愛らしい、涙袋を形成します。

  • 目もとのクマ治療 レーザー治療など、豊富な施術を用意。

  • 蒙古ひだ形成 蒙古襞形成でバランスの良い目元を手に入れましょう。

  • まぶたのたるみとり たるみをとって、ぱっちりと大きな目に。

目もとの手術一覧

目元のタメになるまめ知識

目の下のクマの発生原因には、目の下の涙袋も関係しています。加齢によって、涙袋が下に落ちてくるとそれたるみが発生して影となり、黒クマの原因となってしまいます。若々しさや可愛さを表現する涙袋も、加齢によってクマの原因となってしまうこともあるので注意しましょう。