目尻の切開は、目尻のまぶたの外側をメスで切開する施術です。切れ長の大人っぽい目に近づける施術で、埋没法や目頭切開法、涙袋の整形などとともに人気の施術です。
施術方法によっては、目の横幅を広げるだけでなくつり目気味の目元をたれ目に変えることもできます。
また、目尻を上下に開いて、拡大して目を大きくみせることもできます。
この施術でこれまで多くの方々が目の悩みやコンプレックスを解消して、理想の目元を手に入れています。

目尻の切開

目尻の切開とは

目尻の切開とは、美容外科で行われている施術の1つです。埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などとともに人気があり、これまで多くの方々が目尻の切開で悩みやコンプレックスを解消しています。
目尻を切開して、目の横幅を広げるだけでなくつり目をたれ目にしたり、上下にキレイをいれることで目を大きく見せる効果があります。
また、こめかみと目の距離が狭まるので、小顔効果を期待することもできます。目尻はもともとしわができやすいので、メスを入れても傷痕がわかりにくいというメリットもあります。

施術内容と費用の相場例

施術時間 約15分
術後の腫れ 約1週間
料金 ¥150,000 ~ ¥300,000
  • ※1 全国的な相場や施術内容になります。
  • ※クリニックによって施術内容や費用が異なりますので、事前にクリニックのホームページ等で、内容をよく調べてからカウンセリングを受けましょう。
    (※1…2014 年9 月10 日調べ)

オススメのクリニック一覧

こんな悩みにオススメ

目尻の切開は、目の横幅を広げるだけでなく、様々な形に自分の目元をデザインすることができる施術で、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などとともに人気の整形です。多様な目元の悩みに対応することができます。 中でも、もっと目を大きくしたい、たれ目にしたい、小顔にしたいという方にぴったりな施術です。切開するラインは、一人ひとりの患者さんの顔立ちやバランスを見て判断するので、あなたにぴったりな理想の目元を手に入れることができます。
目元に悩みを抱えた方はぜひ一度利用してみてください。

施術のメリット・デメリット

目尻の切開は、目の形を自在にデザインできる施術です。切れ長、たれ目など。目尻に少しメスを入れるだけで目の印象を大きく変えることができるのが目尻の切開の最大のメリットです。
しかし元々目尻側の白目が小さい方は、目尻の切開によって内部のピンク色の粘膜が露出してしまう恐れがあります。そうなるととても不自然な印象の目元になってしまうので、目尻の切開に向いていません。
カウンセリングでしっかりと相談して、自分にぴったりな施術を行ってもらいましょう。

気になる目元の手術ピックアップ

  • 目頭切開法 目頭にメスで、二重のラインを入れます。半永久的に効果が持続します。

  • 目尻の切開 目尻を小さくカットすることで、切れ長の目を手に入れることができます。

  • 眼瞼下垂 目の印象を老けてみせてしまう眼瞼下垂は、美容外科の施術で解消しましょう。

  • 上瞼の脂肪取り 厚ぼったい上瞼の脂肪を取り除きます。

  • 下瞼の脂肪取り 下瞼の脂肪を取り除いて、すっきりとした目元に。

  • 逆さまつげ修正 逆さまつげを美容整形外科で修正。

  • 涙袋の形成 愛らしい、涙袋を形成します。

  • 目もとのクマ治療 レーザー治療など、豊富な施術を用意。

  • 蒙古ひだ形成 蒙古襞形成でバランスの良い目元を手に入れましょう。

  • まぶたのたるみとり たるみをとって、ぱっちりと大きな目に。

目もとの手術一覧

目元のタメになるまめ知識

ぷっくりと可愛い涙袋を作りたい場合、整形手術を行うのが一般的ですが、涙袋形成マッサージを継続して行えば自力で涙袋を作ることもできます。整形には抵抗があるという方は、涙袋形成マッサージを行ってみましょう。