目元の悩みには様々なものがあります。しわやたるみ、眼瞼下垂など有名ですが意外と逆さまつげに悩む方も多いようです。
逆さまつげは、まつ毛が上向きではなく下向きに生えているため、眼球にまつ毛が当たって痛かったり、マスカラやエクステを使いことができないなどの不具合の原因となってしまいます。
美容外科では埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などとともに逆さまつげ修正を行っています。この整形を受けることで逆さまつげを解消することができます。

逆さまつげ修正

逆さまつげ修正とは

逆さまつげ修正とは、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などともに美容外科で行われている整形です。下向きに生えているまつ毛の生え際を修正して、上向きにすることで逆さまつ毛によって発生する様々な問題を解消することができます。
軽度の逆さまつげの場合は埋没法によって修正することができるので手軽に受けることができます。しかし、重度の逆さまつげの方は、目頭切開法や二重切開などメスを使った方法で整形を行います。

施術内容と費用の相場例

施術時間 約30分
術後の腫れ 約1週間
料金 ¥100,000 ~ ¥300,000
  • ※1 全国的な相場や施術内容になります。
  • ※クリニックによって施術内容や費用が異なりますので、事前にクリニックのホームページ等で、内容をよく調べてからカウンセリングを受けましょう。
    (※1…2014 年9 月10 日調べ)

オススメのクリニック一覧

こんな悩みにオススメ

埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などと同様に人気の施術、逆さまつげ修正はまつげが目に当たって痛い、まつ毛のにマスカラやエクステをすることができないという方にオススメの施術です。
重度の逆さまつげの方は、眼球を傷つけてしまい角膜の炎症を引き起こしてしまう恐れがあるほか、視力の低下に繋がります。目は繊細は部位で一度視力が落ちる、と元に戻すのは困難です。逆さまつげが気になる方は、早めに逆さまつげ修正を受けましょう。

施術のメリット・デメリット

逆さまつげ修正は、埋没法、目頭切開法を応用した治療で、涙袋の整形などとともに美容外科で受けることができる施術です。
逆さまつげ修正の一番のメリットは、視力の低下を防ぎ、眼球の炎症を改善することができるという点です。また埋没法、目頭切開法などの施術によって二重を手に入れることもできます。デメリットしては目頭切開法などで修正を行う場合は、メスを使った整形になるので、傷痕が残ってしまう恐れがあるという点があげられます。

気になる目元の手術ピックアップ

  • 目頭切開法 目頭にメスで、二重のラインを入れます。半永久的に効果が持続します。

  • 目尻の切開 目尻を小さくカットすることで、切れ長の目を手に入れることができます。

  • 眼瞼下垂 目の印象を老けてみせてしまう眼瞼下垂は、美容外科の施術で解消しましょう。

  • 上瞼の脂肪取り 厚ぼったい上瞼の脂肪を取り除きます。

  • 下瞼の脂肪取り 下瞼の脂肪を取り除いて、すっきりとした目元に。

  • 逆さまつげ修正 逆さまつげを美容整形外科で修正。

  • 涙袋の形成 愛らしい、涙袋を形成します。

  • 目もとのクマ治療 レーザー治療など、豊富な施術を用意。

  • 蒙古ひだ形成 蒙古襞形成でバランスの良い目元を手に入れましょう。

  • まぶたのたるみとり たるみをとって、ぱっちりと大きな目に。

目もとの手術一覧

目元のタメになるまめ知識

埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などの美容外科で受けることができる施術は、多くの場合保険適用外になりますが、逆さまつげ修正の場合は放っておくと、目の機能面に問題が発生してしまうので保険が適用されます。