目元は顔のパーツの中でも特に加齢の影響が出やすいといわれています。
加齢によって引き起こされる目元の問題でとくに多いのがたるみです。特にまぶたはたるみが発生しやすい部分で多くの女性の悩みとなっています。
このような目元の悩みを解消するには、美容外科で受けることができるまぶたのたるみ取りが最適です。
まぶたのたるみ取りの施術は、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形などとともに美容外科でも人気の高い治療となっています。

まぶたのたるみとり

まぶたのたるみとりとは

まぶたのたるみ取りは、埋没法、目頭切開法、涙袋の整形など人気の施術の1つです。多くの方がまぶたのたるみとりによって、悩みを解消し理想の目元を手に入れています。
まぶたのたるみとりは、まぶたの上の部分をメスで切開して、脂肪などたるみの原因を取り除いて縫い合わせます。メスを使った施術であるため、施術後には痛みや腫れがありますが、半永久的に効果を持続させることができます。
まぶたのたるみでお悩みの方は美容外科でまぶたのたるみとりに挑戦しましょう。

施術内容と費用の相場例

施術時間 約30分
術後の腫れ 約1週間 ~ 2週間
料金 ¥200,000 ~ ¥500,000
  • ※1 全国的な相場や施術内容になります。
  • ※クリニックによって施術内容や費用が異なりますので、事前にクリニックのホームページ等で、内容をよく調べてからカウンセリングを受けましょう。
    (※1…2014 年9 月10 日調べ)

オススメのクリニック一覧

こんな悩みにオススメ

埋没法、目頭切開法、涙袋の整形など人気の施術の1つであるまぶたのたるみ取りは、まぶたが重くて目が開けづらい方、加齢によってまぶたのたるみが発生した方、目を大きく見せたいという方にオススメの施術です。
施術方法としては、たるみだけを取り除く方法とたるみを取り除き、目を大きくする方法の2つの種類があります。まぶたのたるみは放っておくと肩こりや頭痛の原因ともなってしまいます。健康のためにも、たるみが気になる方はまぶたのたるみ取りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

施術のメリット・デメリット

まぶたのたるみは、目元の印象を老けてみせるだけでなく、頭痛や肩こりの原因ともなってしまいます。美容外科でまぶたのたるみ取りを受けることで、悩み解消し理想の目元を手に入れるだけでなく、肩こりや頭痛を治療することもできます。また、メスを使った整形手術であるため、効果は半永久的に持続します。
デメリットとして、傷痕が残る恐れがありますが、美容外科技術の発達によって、傷痕を残さないように整形を行えるようになってきました。

気になる目元の手術ピックアップ

  • 目頭切開法 目頭にメスで、二重のラインを入れます。半永久的に効果が持続します。

  • 目尻の切開 目尻を小さくカットすることで、切れ長の目を手に入れることができます。

  • 眼瞼下垂 目の印象を老けてみせてしまう眼瞼下垂は、美容外科の施術で解消しましょう。

  • 上瞼の脂肪取り 厚ぼったい上瞼の脂肪を取り除きます。

  • 下瞼の脂肪取り 下瞼の脂肪を取り除いて、すっきりとした目元に。

  • 逆さまつげ修正 逆さまつげを美容整形外科で修正。

  • 涙袋の形成 愛らしい、涙袋を形成します。

  • 目もとのクマ治療 レーザー治療など、豊富な施術を用意。

  • 蒙古ひだ形成 蒙古襞形成でバランスの良い目元を手に入れましょう。

  • まぶたのたるみとり たるみをとって、ぱっちりと大きな目に。

目もとの手術一覧

目元のタメになるまめ知識

涙袋はそのままでも、目元を可愛らしくするパーツですが、メイクすることでより「なりたい自分」に近づくことができます。愛らしい印象ならピンク、うる目にするならゴールドなどメイクの色を変えてることで、涙袋の可愛らしさをより引き出すことができるのです。